2016年01月15日

そろばんとピアノをやっている子の実感!

そろばん講師のブログに、
教室のある生徒さんとのおもしろい会話が載ってたので掲載します!
そろばん大好きな4年生の男の子。効果を実感しているようです。

以下、抜粋。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小学校の子供たちとふれあう中で、おもしろい会話をすることがあります。

4年生のD君が、人懐っこくしゃべってきました。

「今日は絶不調~」
「ピアノを一生懸命にやると、そろばんができなくなる~」
「そろばんを一生懸命やると、ピアノができなくなる~」

私が「両方を一生懸命はできない?」と聞くと・・・

「できん!どっちかに一生懸命になる」

二兎追うものは、一兎も得ず!?

でもね。そのあとに・・・

「ピアノとそろばんをやると、どっちも指使うから調子いいよ」

D君によると、どちらも指を使うから指の動きがスムーズに運ぶ感じがするようで・・・

しかも、ここからが面白かったのです。

「指を動かしてるから、頭にいいよ」
「そろばんをやるようになって、勉強ができるようになった!」

『できるようになった』という言葉ではなかったかもしれないけれど、いい手応えがあるようでした。

それで、私がD君に「実感する・・・というか・・・いいな~と思うことがあったの?」と聞くと・・・

「僕、学校のテストは90点をとるけど、そろばんやってからテストしたら100点とった」

「そりゃ~良かったね~」

そして・・・

「(ピアノもそろばんも)指を使うから、頭の働きが良くなると思う」

これまた驚きの発言でした!!!

二兎追うものは、三兎得るかも!?

ワクワクしてきますね~

小学校の4年生で、自分の頭の中で起こっていることをこんなふうに話してくれるのでした。

D君だけでなく子供達とのおしゃべりは面白いです。

もちろん、そろばんの授業は、しっかりしていますのでご安心ください。

私は子供達と関わることで、パワーをもらっていますね~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブログ⇒『うさぎのみみ』より  
誕生数秘学やカラーを使ったカウンセリングも行っています。
是非覗いてみてくださいね!


posted by ポピンズ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

市長選に思う

17日は市長選です。

中学3年に「17日は何があるのでしょう?」と質問しました。

数人が「市長選挙」と答えましたが、知らないという生徒が多かったです。


私も偉そうなことは言えません。

中学生の頃、高校の頃、いえ20歳代になった頃でも、

政治や選挙に興味を持っていたわけではありません。

政治はどこか遠いもの、誰か偉い人がやるものという感じがしていて、

自分にはあまり関係のないものという認識だったように思います。


でも、だんだん歳を重ねるにつれて、

政治の善し悪しが自分たちの生活に直接降りかかってくるし、

安心して日々の暮らしが出来るためには、

政治はとても大事なものだということが分かってきました。

私たちが無関心でいるうちに戦争が始まるかもしれないし、

知らないうちに損をしてしまうということは有り得ます。


選挙権が18歳に引き下げられたのですから、

中学生くらいから政治や選挙に関心を持つことは必要なことです。


この前ある記事で、どこかの国で11歳の子どもが

「私は選挙権がないけど、国民としての主権はある。

 私の思いを投票に行く人に伝えたい」

と選挙に行く人に、○○に入れてねとお願いしたという内容を読みました。



今回の選挙には27歳という若い男性が立候補しています。

最初、そのことを聞いたとき(11月頃でした)、

「素晴らしいことだな~」と思い、応援してあげたいと思いました。

でも、一方で「その若さで立候補を思い立ったのは何故だろう?」と不思議にも思いました。


だんだんといろいろな情報が耳に入ってきました。

10日に告示されてからは、新聞記事でも公約が書いてあります。

それらの情報に触れるうちに、考えも変わっていきました。


若いってことは素晴らしいこと。

若い人に頑張ってもらうことはすごく大事なこと。

でも、若さだけでは乗り越えていけないこともあるのではないか?

何と言っても経験不足は否めない。



27歳の立候補者には、

4年先に「この人にこそ任せたい!」と言ってもらえるように、

地域に密着した活動を地道にしてほしいなと思います。

そんな意味での応援をしたいと思っています。


ぜひお家でも選挙のことを話題にしてみてください。

それが、子どもの生きていく力を付けることにも繋がります。


posted by ポピンズ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会に目を向けよう! | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

夢を叶える(2)

トモ君のお母さんから、受験する科をどうしたらいいですか?と電話があったのは、

願書を出すギリギリの時でした。

学校の先生からは、生活科は無理だから福祉科に変更するようにと言われたそうですが、

トモ君はガンとして、「ぼくは福祉には興味はない。いやだ」と言うのだそうです。

私は「生活科がダメでも福祉科で合格できる(福祉科は定員割れ)ので、チャレンジしてはどうですか」と言いました。

自分が納得していないと、入学してから続かない可能性があると思ったからです。

落ちてしまったのなら仕方がないと諦められるかもしれない。

でも、チャレンジもしないで福祉科に変えたら、一生後悔するかもしれない。


そして、トモ君は、みごと合格しました!!

卒業を祝う会には、お母さんと作ったたくさんのお菓子を持ってきてくれました。

嬉しそうな顔を思い出します。


その後1年くらいした時に、スーパーでお母さんとバッタリ出会いました。

「トモは、友だちがいっぱい出来て、毎日楽しくやっています。

 相変わらず勉強はしないですけどね~」とお母さんが話されました。


チエ子さんとそんな思い出話をしている中で、

「トモ君は今どこにいるのですか?」と聞いてみました。

実は高校を卒業後、きっとどこかに就職しているのでは?と思っていたのです。

チエ子さんの言葉を聞いて私は正直びっくりしました。


「この春から岐阜のお菓子屋さんに就職が決まってね~」

「パティシエになる何とかっていう専門学校へ行ったんやよ」



話を聞いているうちに、腕がぞわぞわっとなるのを感じました。

トモ君は夢を叶えたんだ!

すごいな~!すごいな~!


トモ君は、人より少し成長が遅い子でした。

勉強ができないことで、友だちからバカにされたり、

先生からも心ない言葉を言われたりしたこともありました。


そんなトモ君が、高校へ行って友だちがたくさん出来て、

「ケーキを作る人になりたい」という小さい頃からの夢を叶えようとしているのです。

もちろん、これからの方が大変かもしれません。

がんばってほしいな~と、心から応援したい気持ちです。


チエ子さんには別れ際に、こうお願いしました。

「トモ君がケーキを作るようになったら、
  岐阜まで買いに行くからねとお伝えください」と



posted by ポピンズ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。