2014年08月30日

偏見では?

皆さんは、外国人と聞くと真っ先に思うのは何人ですか?

中国人?韓国人?
アメリカ人?フランス人?

今度、娘の家族が、一晩のホームステイを受けることになりました。
アジアからの留学生をホームステイで受け入れるというボランティアがあり、
申し込みをしたところ、カンボジア人の男性が来ることになりました。

せっかく外国人が来るのだから、塾生のみんなにも交流をしてもらいたいと、
話したりゲームをしたりの交流会を計画しました。

すると、ある子が
「アメリカ人なら会いたいけど、カンボジア人なら参加しない。」と言ったのです。

これを聞いてどう思いますか?

たとえば、私たち日本人がヨーロッパに出掛けて、交流をしたいと思ったときに、
「〓〓人なら交流したいけど、日本人ならイヤだ」と言われたらどう思いますか?

それは仕方がないと思いますか?

英語を勉強するのは、アメリカ人と話をするためではないのです。
英語を話せたら、あるいは読み書きできたら、世界のどこへ行っても通用するからです。

今後、アジアの人々が日本に来たり、アジアの国で仕事をすることが
どんどん増えていくことは確実です。

アメリカ人やヨーロッパ人としか交流しない、などというわけにはいかないのです。

日本はアジアの中の1つの国です。
アジア人をバカにするということは、
自分たち日本人をバカにすることと同じとも言えます。

私はいつも思います。
私が日本人としてこの時代に生まれたのは、たまたま。
もしかしたら、アフリカに生まれたかもしれない。
内戦で苦しんでいるイラクに生まれたかもしれない。
だったら、飢餓や戦争で苦しんでいる人を、
私には関係がないとは言えないなと思うのです。

かといって、何か大きなことができるわけではありません。
でも、せめて偏見を持たないこと!
出会う機会をとらえて、交流したいと思います。
交流することで、同じ人間なんだと気付き、偏見を無くすことにつながっていくと思います。


posted by ポピンズ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会に目を向けよう! | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

広島がヒロシマになった日

広島はどこにあるか知っていますか。
では、広島は何で有名でしょう。

世界で最初に原爆が落とされた市として、知られていますね。

1945年8月6日月曜日の朝。
セミが鳴く、いつもと変わらない暑い朝だったそうです。

B29という戦闘機が、リトルボーイという名前のついた原子爆弾を落としたのです。

原子爆弾の威力をみるために、候補地の広島や長崎、小倉、新潟には
それまでほとんど空襲をしなかったのだそうです。

それまで破壊されていなかった美しい広島の町が、
一瞬にして、地獄になりました。
想像を絶するようなことが数知れずおこりました。
かろうじて生き残った人が、たくさんの手記を残しています。

私は今、手記をもとにした本を読んでいます。
読むのもつらいほどのことが書いてあります。
でも、これを読むことが、今の私にできる慰霊であり、
子どもたちに少しでも伝えることが、私の仕事だとも思います。

8月6日、その日のうちに12万人が亡くなり、
20万人が傷ついたと言われています。

そして、その日から、広島が世界に知られるヒロシマになりました。

原発事故により、福島もフクシマとして知られています。

ヒロシマのこと、フクシマのこと、
私たち日本人が、しっかり覚えておきたいですね。




posted by ポピンズ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会に目を向けよう! | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。