2015年01月19日

大学入試改革

昨日今日は、大学のセンター入試でした。
今年は56万人が受験したそうです。

このセンター入試、1990年に始まったので、
25年の歴史があります。
その前はおよそ11年、共通一次試験というものがありました。
(私は共通一次試験も無い時代。国公立大学は、
 前期後期制で2回受験チャンスがありました)
共通一次試験が、私立大学も含めてセンター試験に移行したのです。

大学入試試験に関しては、知識偏重だとの批判があります。
また、全体的に学生の学力が低下しているとも指摘されています。
そこで、「中央教育審議会」が大学入試改革の答申案をまとめました。

一言で言うと、
思考力や判断力を多面的に評価する「知識活用型」にするということ。

ポイントは次の3つです。
(1)センター試験を廃止して、知識の活用力を問う
「大学入試希望者学力評価テスト」を、年に複数回実施する。
(2)高校在学中に、学習の到達度をはかるために
「基礎学力テスト」というテストを年に2回程度実施し、
進学や就職時の証明書として使えるようにする。
(3)大学は、個別試験では筆記だけでなく、小論文や面接など、
様々な方法・物差しで学生を丁寧に多面的に評価する。

これにより、学力の底上げをし、学習意欲も高めるというねらいも
達成されると考えられていますが、
問題も多くあり、実現可能なのかが不安視されています。

一つは、高校生の負担が増えるのではないか?というもの。
中間・期末テストに加えて、
「基礎学力テスト」なるものを、年に2回ほど受けなければなりません。
就職にも活用するとなると、職業高校でも全員受験が必要になります。
そのために勉強量が増え、学力もアップするかもしれませんが、
年中、テストに追われてしまうことで、
部活動や友だちとの交流など、勉強以外の高校生活が充実できるのか?
高校が予備校化してしまうような不安もあります。

もう一つは、受験をさせる大学側の問題と、テストの中身です。
小論文や面接を、すべての受験生に課すとすると、
受験者が多い私立大学の負担は膨大になります。
また、知識活用型とはどんなテストにすれば良いのか?
具体的な案は示されていませんので、
果たして実現可能なのか?はっきりわかりません。

今のところ、現在小学校6年生が大学入学の時から
変更になるようです。
気になりますよね。

今のセンター試験には、確かに問題もありますので、
改革は必要だと思います。
でも、ゆとり教育も法科大学院制度も、失敗に終わっています。
教育制度が変わるたびに、影響を受けるのは子どもたちです。
少しでも悪い影響が出ないような、
失敗にならないような改革をしてほしいものだと思います。












posted by ポピンズ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

三学期が始まりました

雪で始まった2015年のお正月。
寒さが少し緩み、このところの雨で、雪もほとんど解けました。
良いお正月、冬休みが過ごせたでしょうか?

今日から三学期が始まりました。
高木教室では月曜日から、中学生のAMK講座を行いましたが、
「久しぶりに勉強した~」との声も聞かれました。

まず目指すは、冬休み明けの実力テストや課題テスト。
課題テストは、基本的に宿題として出されたワークなどから出されるもの。
実力テストは、範囲はあるもののどんな問題がでるのか分からないもの。
その点を分かって、対策をしてほしいと思います。

昨日、社会を勉強している中2生が、
「もう休み明けのテストには間に合わないから、
 次の実力テストにむけて勉強する」と言っていました。
そして、苦手な歴史の江戸時代を集中的にやっていました。

目の前にあるテストだけを考えて勉強するより、
もう少し先まで考えて、
やったところは確実に覚えていくという勉強が大切です。

もちろん、日々の勉強で、覚えるまでやっておければ一番良いですが。

最近2年生が、落ち着いてきたと感じます。
勉強に向かう姿勢が違ってきました。
この調子で、しっかり取り組んでいければ、
1年後の入試も少し安心かな?と思います。

塾の更新手続きをしてもらっています。
(惰性で続けないで、1年1年目的をもって取り組んでもらいたいと思うので)

申込書に書いてあった親さんの言葉がとても嬉しかったので、紹介します。

 分からなかったり、つまずいたりした時に、
 「どうしても解きたい」という気持ちに
 なってきました。
 今までは、「分からんで仕方がない」
 「まあ、いいか」と言っていたのですが、
 数学に対する気持ちが
 全く変わって来たことに驚きと、
 親だけでは、そういう気持ちにできなかったと、
 もう少し早くから入塾させれば良かったと
 思っています。

この生徒さんは、数学が大の苦手でした。
でも、
 数学は難しいけど、一番好きな教科になりました!
と書いてくれました。
まだ、しっかりとは点数に反映されないかもしれませんが、
好きになってくれたことが、とても嬉しいです。
これから、きっと点数にも表れてくると確信しています。

さあ、三学期。
気を引き締めていきましょう。









posted by ポピンズ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

通知表は・・・

今年も残すところ1日になりました。
二学期の成果はどうだったでしょうか?

最後の教室で、通知表の話題がたくさん出ました。

「ぼくは○○より早く提出をしたのに、通知表は2やった。
 ○○は3やった。おかしい」
「私は90点を取ったのに3やった」
「私は○○ちゃんと同じ点数だったのに、通知表は低かった」
などなど不満の声が多かったのですが、
中には「3だと思っていたら4やった」
と喜ぶ人もいました。

そんな声に対して、私が話すことは、次のことです。

*そもそも通知表というのは、
その生徒の10%~20%くらいの面しか評価していないと思うように。
通知表がすべてだなんて思わないようにね!!!

*人間が人間を評価するのだから、主観が入って当たり前。
先生との相性もあるし、最初に受けた印象が強くて、
それが評価に影響されることもあるから。

*テストの点数だけではないからね。
授業態度、提出物、関心意欲などを総合して評価するのよ。
自分では真面目にやっているつもりでも、
先生からはそう思ってもらえないこともある。
(ここで主観が入るのですよ)

反抗期まっただ中にいる中学生。
いつも真面目に前向きに勉強したり生活したりするなんて難しいことです。

でも、いつも真面目に前向きに勉強し、
点数も高く取れる子どもだけが高い評価を受ける。
こつこつ努力していても、点数に反映されなければ、4や5はもらえない。

子どもたちの声を聞くたびに、
そんな理不尽さを(特に受験前になると)感じます。

だから、塾をやっているけれど、
「人間、勉強だけじゃないからね!」と励ますことになります。
「あなたは、こんな良いところがあるじゃない」と。

学校の先生が、こんなふうに生徒に声をかけてくれたら、
気持ちが楽になる子どももいるんじゃないかな?と思います。

少なくとも、頑張っている子に対しては、
親は点数で判断せず、子どもの頑張りを認めてあげてほしいです。











posted by ポピンズ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。