2015年03月17日

高校、全員合格!

本日は、岐阜県高校入試の合格発表でした。
9時頃からドキドキして待っていました。

9時5分。第一報のメールが入りました。
おめでとうと返信メールを書いているうちに、携帯に電話が来ました。

今年、一番厳しい受験だった生徒さんからの電話です。
ドキドキ…

「合格してました!」
「わ~!良かった~。おめでとう!」

ほんとに良かった!ほっとしました。

次々にメールが届きました。
中津商業を受けた生徒さんからも、合格メールが届きました。
33人もオーバーしていたので、いくら点数を取っていると言っても、心配がありました。
良かったです。

恵那高校理数科も倍率1.5倍。
1人、インフルエンザで隔離されて受験し、緊張して出来なかったという生徒さんがいたので、やっぱり心配してましたが、
こちらも合格の報告が来たので、やれやれ。

でも、残り一人から報告が来ません。
あれ~?大丈夫かな~?

昼に予定があったので、11時30分頃には出かけなければなりませんでした。
ギリギリまで待って、仕方がない出掛けるかと玄関に出たところで、電話が鳴りました。
ドキドキしながら出ると、
お母さんから、
「連絡が遅くなってすみません」
「今、大丈夫ですか?」と、ちょっとトーンが低い声でした。

ドキドキがアップしました。
瞬間、何を言われても、受け止めなきゃと思いました。


「合格してました」
良かった!!

ドキドキした分、たくさんの嬉しさがこみ上げて来ました。

皆さん、ほんとにおめでとうございます。

最後の最後まで頑張りましたね!



posted by ポピンズ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

高校入試直前

昨日は、中学校の卒業式でした。
おめでとうございました!

中学を卒業すると、
ちょっとだけ子育てが一段落した感じがあります。
でも、それは受験が終わり、合格を確認してからかな。
今年は10日が入試。
入試直前の今日から月曜までは昼間、
希望する受験生のために教室を行っています。

土日は家族がいるので、少しは来も紛れますが、
月曜日など平日は、
家族もいない家で一人で勉強すると不安感が増してきます。
それで、10年くらい前から、
入試直前は3日くらい連日来てもらうようにしています。

今日も午前中は6人、午後は9人の受験生が勉強をしました。
ここまで来たら、もうなるべく難しい問題をやらないようにと言っています。
あ~これも出来ない! これも出来ない!と
どんどん落ち込んでしまうことがあるからです。
今までやってきた基礎的な内容の復習を中心にやってもらいます。

今年の受験は、
中津高校が1人欠員になった一方、商業高校が30人以上オーバーしました。
農業高校も全体で13人オーバーです。
定員割れした高校が二次募集をすると言っても、厳しい受験になりました。

農業高校や商業高校を受験する生徒さん、親御さんは、
ドキドキがより大きくなっていることと思います。

今できることは、体調管理とメンタル面の管理です。
今まで勉強してきたことを全力で出し切れるよう、
とにかく落ち着いて過ごしてくださいね。

私は、オーバーした高校を受ける生徒さんが、
高校に合格して喜んでいる姿、高校生活を楽しんでいる姿をイメージしています。

大丈夫!! 行けるよ~!








posted by ポピンズ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

点数だけで判断しないで

期末テストが返ってきています。
何人かが早速持ってきてくれました。

中学1年生の英語の問題用紙を見て、
ワナワナとするくらい、怒りがこみ上げてきました。

とてもとてもとても、難しかったからです。

①問題数がめちゃくちゃ多い。
最後までやりきれないほどです。
ゆっくりじっくりやっていたのでは間に合いせん。
すばやく問題文や英文を読み取り、ささっと書ける子でないと、高い得点は取れません。
1年生では、理解をして覚えてはいても、そこまで素早くやれない子もいます。

②教科書内容からはみ出ている(教科書の英文ではない)問題がある。
教科書を覚えているだけでは、高得点は取れないでしょう。
実力テストなら有りですが、
期末テストは、教科書範囲を覚えていれば、
80点以上は取れるようなテストにしてほしいと思います。

③過去形の問題がたくさん出題されている。
通常、2月半ばの期末テスト範囲だと、Lesson8あたりまでです。
lesson9に入っても、文法(過去形)が少しだけが多い。
それが、期末前にLesson9の本文の半分くらいまで進みました。
半分までなので、少ししか出題されないだろうと予想していました。
ところが、3分の1くらいが過去形でした。
最後は、昨日の出来事を6文で書きなさいという英作文。
不規則変化の過去形動詞を覚えていなければ、書けません。
went had ate made くらいしか覚えていないのに・・・。

平均点が、49点だそうです。

たとえば、53点取れば、平均より上だわとまずは安心できるわけですが、
テストがこれほど難しいことを知らない親さんは、
「53点? 何やってんの? ちゃんと勉強しないからでしょ!」
と怒ることになります。
怒られた子どもは、勉強をする気になるでしょうか?

せっかく、一生懸命勉強したのに、全然点数取れないじゃん。
だったら、勉強するのや~めた!
ということになりかねません。

勉強していない子が点数を取れないのは仕方がありません。
自業自得です。
でも、普段から一生懸命勉強しているのに、
期末テストで点数が取れないというのは、あまりにも理不尽です。
(実力テストはまた別の能力が要求されますので、ここでは除きます)
私は子どもたちが可愛そうに思えました。

1学期からテストは難しかったです。
平均点が50点台でした。(普通は70点以上になります)
昨年は3年生の担任でしたが、やはり難しかったです。
でも、3年だからこれも有りかと思っていましたが、
1年生でもこんな難しいテストを出す先生の意図が全然分かりません。

そんなに怒るのだったら、
難しいテストでも点数を取れるような指導をすればいい?

まずは、学校の授業でこそ、それをやってもらいたいですね。

ふつ~の授業をしておいて(と仮定して)、
難しいテストをやらせて、出来た子、出来ない子と評価をする。

教育は先生のためにあるのではなく、子どもたちのためにある!
そこのところを間違えているのではないでしょうか?

あまりに怒れているので、いっぱい書いてしまいましたが、
まず親さんには、
点数だけで判断して子どもを怒ったりしないようにお願いしたいです。












posted by ポピンズ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。