2015年09月05日

ムリムリ! 絶対無理・・・?

小学6年生の子どもたちに、
都道府県名覚えをさせようと、プリントを配った時のこと。

都道府県名覚えのプリントを配布して、最初は一緒に
「北海道はどこ?」
「ここ!すぐわかる!」
「じゃあ、北海道の県庁所在地は?」
「あっ、札幌や」
などとやっているうちは良かったのですが、

「3週間後にテストをしまーす」と言った途端、
「ムリ~~!」「絶対ムリ~」と大合唱されました。


今年の6年生は8人いますが、
そのうちの大半が、お母さんが申し込みに来られた時に、
「うちの子、集中力はないし、勉強が苦手」という意味の話をされた子どもたちです。

集中力もやる気もないと思われていた子どもたちでしたが、
緊張していたこともあって、
最初の授業ではものすごく集中して取り組めたので、
「すごい!すごい!」と誉めまくりました。

その後も6月頃までは、落ち着いて勉強していましたが、
回数を重ねていくうちに凍みもとけ、
段々本性?が現れてきて、手遊びしたりふざけたりするようになってきました。
それでも、計算などは一生懸命やるし、
宿題もちゃんとやってきていて、力はついてきていました。

私が一番気になったのは、
何に対しても、まず最初に「無理」「できん」と言うことです。

分数の計算も、プリントを配布すると、一目見て難しそうだと思うようで
「無理や~」「こんなのやれなんて、地獄や~」とまで言って、拒否しようとします。

ところが、やらせてみると結構スラスラできるのです。
「あっ、出来た!」
「思ったより簡単やった!」
もちろん、それまでに簡単なものから順番に少しずつ難度を上げて
練習してきたからできるようになったのです。

けれども、子どもたちは、
自分が勉強が苦手、出来ないと思い込んでいるから、先のような反応が出てしまいます。


都道府県名覚えも無理だと思い込んでいるし、
最初から努力しよう、頑張ろうとは思わないのです。

そこで、
「何で無理やと思うの?」と聞きました。
すると、
「だって、無理やも・・・」と言うばかり。

私が話したことは次のようなことです。

やる前から無理と決めつけていたら、やれるものもやれないんだよ。
分数の計算も、最初はムリ~って言っていたけど出来たじゃない?
暗唱だって、枕草子をちゃんと言えるようになったじゃない!
最初から出来る!って思ってた?

首を振る子どもたち。

まずは、頑張って覚えてみようよ。
頑張った結果、覚えられなかったらそれは仕方がない。
でも、やりもしないで無理と思い込むのって残念だと思うよ。


自己肯定感の低い子がけっこういます。
自分はダメな子だと思っています。
勉強が苦手=ダメな子と思っているのです。
それは、親や周りの大人が、そういうメッセージを発しているからです。

そんな子どもたちに、
やれば出来る!という経験を積ませて、
たとえ高い点数は取れなくても、少しでも自信をつけさせたい。
これって、勉強に限らない。
挑戦する意欲を持った人になってもらいたいな。
そんなことを思って、日々子どもたちと過ごしています。


posted by ポピンズ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

子どもの頭がぐんと良くなる国語の力

1434704983034.jpg

「論理エンジン」を開発した出口ひろしの書いた本です。

国語の大切さと国語力をどう身につけさせるかがかいてありました。

結論を言うと、私が日頃考えていたこととそれほど変わりはありませんでした。

学校はもちろんですが、家庭の中での会話がとても大事だと書いてあります。

親子や兄弟姉妹で簡単な単語でしか会話をしていないと、語彙力も増えないし論理力はつきません。

「今日は学校どうだった?」
「うん、楽しかった」
だけでなく、何がどう楽しかったのかを親に分かるように話してもらう。

「ゲームソフト買って」
「だめ」
ではなく、どうしてそのゲームソフトを買ってほしいのかをちゃんと話す。
親も、どうしてダメなのかを話す。

そんな普段の会話の積み重ねで、
子どもの考える力、伝える力が付いていくと書いてありました。

また、漢字練習は、たんに漢字を何回か書くのではなく、
漢字覚えと同時に、意味や使い方も覚えていくような練習方法が良いと書いてあります。

私は、学校で使われている漢字ドリルは漢字練習には十分ではないと感じてきました。
こんなこと言うと先生方に怒られそうですが・・・

出口さんが出された漢字の本はなかなか良いと思います。

宿題以外に自学とかでやってはどうでしょうか?

出口 漢字2年.png

現在、夏休みの寺子屋教室で、小学生向けの国語指導を検討しています。

ご興味ありますか?







posted by ポピンズ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

論理エンジン講座(1)

「国語が苦手」という声をよく聞きます。

また、「国語ってどう勉強して良いか分からない」とも言われます。

それに対して、私は今まで、

「いろいろな文章を読むことが大事。そのためにも読書をしたり、

 問題集で、教科書以外の文章を読んで問題を解くといい」

と答えていました。

国語は、勉強すればある程度は出来るようになりますが、

勉強したからと言って、必ずしも点数が上がるわけではないのも確かです。

また、国語力がないために、数学の文章問題が解けなかったり、

英語でも単語の意味は分かるのに、日本語にならない・・・という人もいます。


どうしたら、国語の力を付けることが出来るのか?

何年も悩んできて、何か良い教材や教え方はないだろうかと探してきました。

今年の1月に、あるセミナーで「論理エンジン」というものに出会いました。

カリスマ予備校講師として、一声を風靡した出口ひろしという国語の先生がいますが、

その出口先生が開発した、論理力を付けるメソッド(勉強法)です。

良いかも?と感じた私は、出口先生の講演が東京であることを知り、

東京まで講演を聴きに行ってきました。

そして、まずは自分たち教える側がやってみることが大事だと言われて、

教材一式を購入してやってみました。


うん!これは良い! きっと、力が付く!

そう思った私たちは、まずは試験的にやってもらうことにしました。

説明会を行い、モニターを募集したところ、11名が受講することになりました。


「論理」とは、一言で言ったら、ものごとの筋道です。

難しそうですが、私たちは普段論理力を使って話をしたり聞いたりしています。

誰かに思いや連絡事項を伝えようとしたら、相手に分かるように話をします。

また、聞くときは、相手が何を言おうとしているのかを理解しながら聞きます。

これが論理力です。

ところが、書かれた文章になると途端にわけが分からなくなってしまう・・・

日本語の約束事(文法)がきちんと分かっていないためです。

話し言葉なら、言葉だけでなく身振りや雰囲気で伝わる部分がありますが、

書き言葉では言葉しかヒントはありません。

その言葉、日本語を正しく読み取る必要があります。

この日本語(文章の筋道)を正しく読み取るための勉強法が論理エンジンなのです。


さて、モニターさんたちがどんな力をどのように付けていくのか?

私はとても楽しみでワクワクしています。

国語だけでなく、社会理科数学、そして、英語も、

出来るようになった!分かるようになった!

そんな喜びの声をみなさんにお届けできるよう、

モニターさんたちには頑張っていただきたいと思っています。

もちろん、私たちも、どうしたら上手く出来るのかを工夫したり、

教材を作成したりして全力で応援します!!!





posted by ポピンズ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。