2015年08月19日

三年連続の快挙「スピーチコンテスト」

英語スピーチコンテストが開催されました。
今年は、2年生のT君とOさんが参加しました。

私たちは原稿を日本語で作るところから関わりました。

T君は、it's time for  classというタイトルで、

授業は将来のためにあるのだから、

私語をしている人に注意をしたりして、

みんなで勉強していこうと呼びかけたいという内容でした。

Oさんは、地域の人と仲良くなることが防災に役立つということを、

自分の体験を入れながら伝える内容でした。


日本語で作文を書き、

次に、出来るところを英作文してもらいました。

その後学校の先生に、きちんとした原稿にしてもらい、

いよいよ覚えていきます。

なかなか覚えられないし、発音が上手く出来なくて、大変でした。

それでも、何とか覚えて、

次に、強弱や表情を付けていきました。

ジェスチャーを入れるのは、恥ずかしくてなかなか思いきりできませんでした。

でも、二人ともよく頑張って練習し、

日曜日の段階で、ほぼ完成させることができました。



そして、本番。

T君は、いつもちょっと恥ずかしそうにスピーチしていましたが、

本番では、吹っ切れたように楽しそうにスピーチすることができました。

Oさんは、いつにも増して明るい声でスピーチできていました。

Oさんは予選を通過し、

決勝では、更にパワーアップしたスピーチをすることができました。

結果までは見ていられないので、帰宅の途についた私たちに、

お母さんからのメール。

「県大会に出場することになりました!」

運転しながら、ヤッター\(^-^)/と叫んでました。

最初から上手く話せたわけではありません。

身振りを入れるのも、恥ずかしいと言っていました。

でも、そんな気持ちに打ち勝って、何度も何度も練習したから、

勝ち取れた結果です。

県大会に向けて、またより良いスピーチにしていってほしいと思います。

さあ、来年は誰がチャレンジするでしょうか?





posted by ポピンズ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。