2015年06月24日

宿題をやらなくなって困っています・・・

この前、一人のお母さんから「ちょっと話があるんですけど」とメールがきました。

ん?
辞めたいって相談かしら?
お兄ちゃんのことかな?妹のことかな?

中学生になったお兄ちゃんと3年生になった妹ちゃんがいます。
そういえば、最近妹ちゃんがそろばんを何度か休んだな。

緊張した面持ちのお母さんに、
こちらから「○○ちゃん、辞めたいって話ですか?」

すると、にっこり笑って、
 いえいえ、そろばんは楽しいって言ってますと言ったあと、
 実は、○○がこのところ学校の宿題をやらなくて、困っているんです

 2年生までは自分でちゃんとやっていたのに、
 3年になってから段々やらなくなって、毎日怒られてイヤイヤやるので、
 寝る時間も遅くなって朝起きられない。
 それで、朝から叱られながら学校へ行っている。
 叱るのにも疲れちゃうし、叱った後で私もイヤな気持ちになるし、
 どうしていいか分からなくなって…

というのが、相談内容。

「宿題の内容や量はどうですか」

毎日宿題として、漢字や計算のドリルやプリントが出ます。
 それと別に、自学として一定の期間内に
 漢字計算ドリルの復習を2回ずつやるのがあって、
 それを計画的に出来なくて溜めてしまい、提出期限ギリギリに泣きながらやってます。


「この4月から、やらなくなったんですよね?
4月から何か変化したことってありませんか?」

 いえ。特に変わってませんけど…

「○○ちゃんのことでなくて、家族の中で変化したことありませんか?」

 あるとすると、お兄ちゃんが中学に入ったことですかね。

「お兄ちゃんが中学生になって、何か変わったことありませんか?」


そこまで話したら、お母さんがアッ!っと何か気が付きました。

 私がお兄ちゃんのことばかり心配するようになりました。
 それに、勉強もすごくがんばっているので、
 つい、そちらに気持ちがいってしまいます。
 今までは○○のことを、気にしていたのに、
 もう3年だし大丈夫かと、あまりかまってやらなくなりました。

「まだまだかまってもらいたいのでしょうね。
 宿題をやらなかったら、お母さんが自分の方に向いてくれるかも?って、
 意識はしてないでしょうが、悪い子を演じてるのではないかな?」

お母さんの表情がとても明るくなりました。

「1日に10分で良いから、○○ちゃんとスキンシップしたり、
 濃密な時間を過ごすといいですよ」とお伝えしました。


それと、もうひとつ。

3年生になったばかりの子どもたちが、
計画的に課題をやるというのはちょっと難しいのではないでしょうか?
親が関わってやらせるというのは、「自学」と言えるのか疑問です。

担任の先生に、
どんな目的で出しているのか?
親はどこまで関わっても良いのか?
他の子どもたちはちゃんと出来ているのか?などを聞いたり、
懇談会などで話してはどうかと提案しました。


自分でちゃんと気が付いたお母さん。
○○ちゃんもきっと自分で宿題が出来る、前のような状態になれると思います。
経過報告を聞くのが楽しみです♪


posted by ポピンズ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。