2015年06月19日

子どもの頭がぐんと良くなる国語の力

1434704983034.jpg

「論理エンジン」を開発した出口ひろしの書いた本です。

国語の大切さと国語力をどう身につけさせるかがかいてありました。

結論を言うと、私が日頃考えていたこととそれほど変わりはありませんでした。

学校はもちろんですが、家庭の中での会話がとても大事だと書いてあります。

親子や兄弟姉妹で簡単な単語でしか会話をしていないと、語彙力も増えないし論理力はつきません。

「今日は学校どうだった?」
「うん、楽しかった」
だけでなく、何がどう楽しかったのかを親に分かるように話してもらう。

「ゲームソフト買って」
「だめ」
ではなく、どうしてそのゲームソフトを買ってほしいのかをちゃんと話す。
親も、どうしてダメなのかを話す。

そんな普段の会話の積み重ねで、
子どもの考える力、伝える力が付いていくと書いてありました。

また、漢字練習は、たんに漢字を何回か書くのではなく、
漢字覚えと同時に、意味や使い方も覚えていくような練習方法が良いと書いてあります。

私は、学校で使われている漢字ドリルは漢字練習には十分ではないと感じてきました。
こんなこと言うと先生方に怒られそうですが・・・

出口さんが出された漢字の本はなかなか良いと思います。

宿題以外に自学とかでやってはどうでしょうか?

出口 漢字2年.png

現在、夏休みの寺子屋教室で、小学生向けの国語指導を検討しています。

ご興味ありますか?









posted by ポピンズ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。