2015年01月23日

節分に食べるものは?

節分が近づくと、テレビのCMでも、
スーパーマーケットでも、コンビニでも、
恵方巻きの宣伝をしますね。
恵方巻を予約しましょう!という言葉を、
あっちでもこっちでも見ます。

最近は、恵方巻を食べることが、
節分の一番大事なことであるかのごとく、思ってしまいます。

子どもたちは、物心ついた時はすでに、
恵方巻が当たり前になっていたかもしれませんが、
30代以上の人には、疑問に思う人がいるのではないでしょうか?
(と言うか、疑問に思ってほしい)

恵方巻きを食べるのは、関西の風習です。
それを企業が、商機とばかりに、
世の中に広めて行ったのです。
今では、全国的に広まっているようですね。

我が家は、昔ながらの節分をしています。

鰯を焼いて、味ご飯を炊きます。
節分の神様は、貧乏な神様だそうです。
だから、ご馳走を食べないと子どもの頃に聞きました。
(味ご飯はご馳走とも言えますが)

鰯の頭は串に刺して、
鬼の絵と13本線を描いた短冊と一緒に、
家の入り口に取り付けておきます。

鬼が、線の数を数えているうちに、
夜が明けるので?
家には入って来られないのだと、聞いています。

「鬼は外、福は内」と豆まきをし、
年の数だけ、豆をつかんで食べます。
いっぺんで、年の数だけつかめたら良いことがあると言います。
年を取ると、いっぺんにつかむのは、とても難しいですが。

何だか、最近の節分は、豆まきよりも、
恵方巻をその年の方角を向いて、一気に食べる
ということに重きが置かれ、
その土地土地に昔から伝わる風習などが軽んじられてしまうようで、
寂しい思いがします。

商業主義が蔓延し、
日本が全国一律になってしまってます。
それで、良いこともありますが、
その土地の良さまでも無くなってしまうのは、
残念だと思います。

この数年、節分が来る度に、そんなことを思っています。

我が家は、決して、恵方巻を買わないぞ!!

でも、今年は、味ご飯だけでなく、
巻き寿司も作ろうと思ってます。

今年の抱負で、お料理をちょっと頑張ろうと思っているからです(笑)















【関連する記事】
posted by ポピンズ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事から考えよう! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。