2014年12月22日

今年の冬至は特別!

冬至って知っていますよね?!

「カボチャを食べる日」
「昼間が一番短い日」

私の知識もそれくらいでしたが、
ネットで調べたら、もう少し詳しく分かりました。

二十四節気(一年を太陽の動きに合わせて24の気に分けた昔の分類)の一つ。
春分,夏至,秋分とともに四季の中央におかれた中気。
冬至は、本来は、
太陽の黄経が270°に達した日(太陽暦の12月21日か22日)に始り,
小寒(1月5日か6日)の前日までの約15日間であるが,
現代ではこの期間の第1日目をさす。 (広辞苑より)


フェイスブックを見ていたら、
知り合いの理科の先生が以下のようなことを書いていましたので、シェアします。

本日は,19年に1度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」で,
新月と冬至が重なる日です。
月の復活と太陽の復活が重なるり,めでたいとされている日です。
月の復活とは,新月から満ちていくこと。
太陽の復活とは,日が長くなり太陽の力を高まるという意味です。
宮中では,19年に1度の朔担冬至には祝宴がも催されていたそうです。

月は29.53日で新月になり,冬至は365.25636日に一度です。
月は年間12回新月になり,354.36日なので,差が10.89636日になります。
この差を19年(19回)集めると,新月と冬至が一致します。

 そして,本日は大安吉日です

というわけで、今日は特別な冬至でした。


我が家は、今夜はだんなさんが忘年会でお泊まり。
夕飯はうどんですませましたので、カボチャは食べませんでした。

どうして冬至にカボチャを食べるのか?

緑黄色野菜の少ない冬に
カロチンやビタミンの多く含まれるかぼちゃを食べ、
風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵だとのことです。

柚子湯に入ると良いとも言われます。
これも風邪予防の意味があるようです。

早速、私は柚茶を飲むことにします(笑)。

調べていたら、「ん」がつくものを食べるのも良いそうです。
特に、うどんは良いらしいです。
うどんは、運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので出世するそうです!

冬至にうどん! 

来年からはカボチャでなくうどんにするかな?



posted by ポピンズ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉から世界を広げよう! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。