2014年10月27日

慣用句5

前回、慣用句4の答えです。

①友だちとの約束を破ってしまって( 合わす顔がない )。

②お父さんはお母さんに頭が上がらない。今日も、お母さんの( 顔色をうかが )ってから出かけた。

③彼女は( 顔が広い )から、チケットが何枚も売れるだろう。

④あいつは自分だってやったくせに、( 涼しい顔 )して知らん顔している。

⑤みんなの前で大失敗をしてしまった。( 顔から火が出る )ほど恥ずかしい。

⑥よくもおれの( 顔に泥を塗 )ったな。許さんぞ!

⑦思いがけない反論に( 顔色を失 )った。

⑧彼女の病気が気になって、( 浮かぬ顔 )をしている優しい彼。

⑨盗んだ張本人のくせに( 大きな顔 )をしている。

⑩あの男は( 何食わぬ顔 )で大ウソをつく。


④ ⑨ ⑩は似たような感じですが、以下のように微妙に違います。
涼しい顔は、自分も関係あるのに、関係ないような振りをする
大きな顔は、悪いことをしながら平然としている
何食わぬ顔は、素知らぬ顔 知っているのに知らない振りをする

慣用句は、2つ以上の言葉が結びついて、
その全体が一つの意味を表すようになって固定したものです。

口、目、手、そして顔と書いてきました。
身体に関するものだけでも、まだまだたくさんあります。
が、とりあえず、今回でいったんおしまいにします。
また、気が向いたら書くかもしれませんが。

人間は言葉を使って思考します。
たくさんの言葉を知っていれば、それだけ広く深く考えることができるわけです。

言葉から世界を広げていきましょう!





posted by ポピンズ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉から世界を広げよう! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。