2014年10月21日

慣用句4

慣用句、しつこく行きます!

今回は 「顔」です。

以下の文に適する慣用句を下から選んで入れてください。

①友だちとの約束を破ってしまって(    )。

②お父さんはお母さんに頭が上がらない。今日も、お母さんの(    )ってから出かけた。

③彼女は(    )から、チケットが何枚も売れるだろう。

④あいつは自分だってやったくせに、(    )して知らん顔している。

⑤みんなの前で大失敗をしてしまった。(    )ほど恥ずかしい。

⑥よくもおれの(    )ったな。許さんぞ!

⑦思いがけない反論に(    )った。

⑧彼女の病気が気になって、(    )をしている優しい彼。

⑨盗んだ張本人のくせに(    )をしている。

⑩あの男は(    )で大ウソをつく。


顔から火が出る 
浮かぬ顔
合わせる顔がない
顔色を失う
涼しい顔
大きな顔
何食わぬ顔
顔に泥をぬる
顔が広い
顔色をうかがう


さて、前回の解答です。

ア 関係を絶つ   ②手を切る
イ 人手が足りない どうしようもない  ⑦手が無い
ウ 世話が焼ける  ④手が焼ける
エ 直接出来ないことを人を介してする ひそかに準備をしておく  
  ⑥手を回す
オ 相手の出方に対して、その手口には引っかからない
  ⑧その手は食わない 
カ 物事が自分の能力以上で対応できない  ⑩手に余る
キ 好ましくないことを自ら行う  ⑤手をよごす
ク すぐ目の前にあるかのように、はっきりわかること 
  ⑨手に取るように
ケ 心にやましいことがなく、堂々として  ①大手(おおで)をふって 
コ 気にかかることなどがあって集中できない
  ③手がつかない      



 

   
       
 
        

  



posted by ポピンズ at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。