2015年06月19日

子どもの頭がぐんと良くなる国語の力

1434704983034.jpg

「論理エンジン」を開発した出口ひろしの書いた本です。

国語の大切さと国語力をどう身につけさせるかがかいてありました。

結論を言うと、私が日頃考えていたこととそれほど変わりはありませんでした。

学校はもちろんですが、家庭の中での会話がとても大事だと書いてあります。

親子や兄弟姉妹で簡単な単語でしか会話をしていないと、語彙力も増えないし論理力はつきません。

「今日は学校どうだった?」
「うん、楽しかった」
だけでなく、何がどう楽しかったのかを親に分かるように話してもらう。

「ゲームソフト買って」
「だめ」
ではなく、どうしてそのゲームソフトを買ってほしいのかをちゃんと話す。
親も、どうしてダメなのかを話す。

そんな普段の会話の積み重ねで、
子どもの考える力、伝える力が付いていくと書いてありました。

また、漢字練習は、たんに漢字を何回か書くのではなく、
漢字覚えと同時に、意味や使い方も覚えていくような練習方法が良いと書いてあります。

私は、学校で使われている漢字ドリルは漢字練習には十分ではないと感じてきました。
こんなこと言うと先生方に怒られそうですが・・・

出口さんが出された漢字の本はなかなか良いと思います。

宿題以外に自学とかでやってはどうでしょうか?

出口 漢字2年.png

現在、夏休みの寺子屋教室で、小学生向けの国語指導を検討しています。

ご興味ありますか?









posted by ポピンズ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

「塾に入って良かったですね」と・・・

あるお母さんからメールが来ました。

  担任の先生から
 
  「○○君、塾に入って良かったですね」

  と言われました。

  本当に最近の○○は見違えるように頑張っています




○○君は高木教室に入るまで、本当に集中できませんでした。

勉強も嫌い、本を読むことも嫌い。

身体を動かすことが大好きで、サッカーをやっています。

実はお母さんは、最初妹さんのことで相談に来られました。

でも、話を聞いていると、兄の○○君の方が心配な気がしました。


昨年夏休みに、一ヶ月だけの寺子屋に参加しました。

その時には、他の子と一緒に真面目に勉強しましたが、

終わったときにお母さんが、

実はイヤイヤ来ていて、家で宿題をやらせるのも大変だったんです

とおっしゃいました。


4月から、6年生クラスに入りました。

6年生クラスは8人ですが、4校から集まっているので、

牽制し合うというか、とても静かに集中してやれています。

○○君も、昨年の夏と比べるとすごくやる気が感じられました。

暗算をやった時に、とても集中してできたのですごいね~とほめました。

苦手だという音読も、大きなはっきりした声で読めていました。

もちろん、他の7人も同じように一生懸命やっています。


5月の半ばに、○○君の顔つきが違ってきているのに気づきました。

前は、きょときょと目が動くというか、真面目(そうに?)やっていても

集中していない感じが見られました。

でも、最近は最初から最後まで集中しきっていて、目が動くことがありません。

家での宿題も完ぺきにやってきています。

文字も丁寧な読みやすい字を書くようになりました。


担任の先生にはどんなふうに言われたのか、もう少し詳しくお聞きしました。

その返事が次です。


 担任の先生は、○○が最初は塾にいくのを嫌がっていたから、

 少し心配していたそうです。

 塾に行きだして、塾で学校の予習をやったり、復習をやる事で、

 ○○が学校の授業にすごくスムーズに入れるのと、

 予習で教えてもらってると授業がわかるから自信がついてきたと言ってもらえました。

 算数は2クラスに分かれてるんですが、その○○が入ってるクラスで1番のようです。

 ○○君にとって、塾のお陰ですごくいい方に向かっているって言われました!

 今の担任の先生も、

 たくさんほめて、得意な事をどんどん伸ばしていってあげたいという思いで、

 子供たちをみてくれています。

 だから本当に最近の○○は少しかわってきた気がします!

 また、○○の文章を書く力も、できない子じゃないし、

 力のある子だから、もっと褒めてあげてくださいと言われました!

 塾の、「春はあけぼの」など、○○は覚える事がすごく得意な方だと思うので、

 いつもすごいね!お母さんなんて全然覚えれんのに、

 もうそんなに覚えちゃったの本当にすごい!と、いつも言っています!

 そうすると、すごくがんばって覚えようとしています!

 本当に、先生に出会えた事、塾に通わさせてもらえてる事、嬉しく思っています!



ここでちょっと訂正をしますね。

高木教室では、基本的に小学校の算数を早めに教えることはしません。

何故かというと、学校の授業がおもしろくなくなってしまうことがあるからです。

復習を中心に指導しています。(たまに予習になることもありますが)

だから、○○君が予習をしていたから学校の授業で理解が出来たわけではありません。

○○君のやる気が変わったからです。

しいて言えば、計算力をつけたことで自信を持てて、やる気につながったのでしょう。

それに、担任の先生の、良いところを褒めて伸ばすという指導が良かったのだとも言えます。



○○君のことを書いたのは、塾を宣伝しようと思ってではありません。

今は落ち着きがない子、集中しない子でも、子どもは変わってくるということをお伝えしたいのです。

そのためには、頑張りを認めて褒めてあげることが大事です。

○○君のお母さんのように、頑張ってるね、すごいね!と褒めてあげたら、

きっともっとやる気になって頑張れるのではないでしょうか?











posted by ポピンズ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。