2015年05月20日

大学入試英語の9割が・・・

先日の新聞に

「大学入試英語の9割が中学文法知識で解ける

という内容の記事が載っていました。


ある研究機関が、センター入試問題と私立大学の二次問題を分析したところ、

80%は、中学レベルの文法で解ける問題、

10%くらいは、高校レベルだが中学の文法がしっかりわかっていれば出来る問題、

残りのたった10%が、高校レベルの文法が分かっていないと解けない問題

だったのだそうです。


いかに中学レベルの文法が大事かということですね。

もちろん、高校で習う単語や熟語を覚える必要はあります。


考えてみれば、日本語でも、普段の会話や普通に読む文章は、

それほど難解な文章ではありませんね。

漢字はある程度覚えていないと読めないことはありますが・・・。

英語も長文の中では、それほど難しい文法を使わなくても表現できるということです。


問題は、今の英語教育が会話表現重視で

(かと言って会話が出来ようになるわけでなく)、

文法軽視という傾向があることです。

1年生の最初から、Excuse me. You're welcome.などの会話表現が出てきます。

これは、必要な表現ですが、

教科書に出てきた時点で、テストでは書けることも求められます。

言えても、書けない子が多いのです。

そして、点数が取れないので、だんだん英語嫌いになっていってしまう・・・。

be動詞の意味も使い方もあやふやなまま、一般動詞が出てきて、

習熟していないのに、複数形が出てきて・・・授業は次々と進んでいきます。

早くも、夏休み前に「英語わから~ん」となってしまいます。




高木教室では、英語文法に力を入れた指導をしてきました。

今回の新聞記事を読んで、やって来たことは間違っていなかったと自信を持ちました。

でも、塾生みんなが英語文法が確実にマスターできているわけではありません。

もっと、指導法や力を付けてもらえるような

課題の出し方を工夫していかなければと思っています。


一方、高校生で、英語が伸び悩んでいる人は、

中学生の文法を勉強し直すことも有効なのかもしれませんね。










posted by ポピンズ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。