2015年04月25日

祝日の意味 昭和の日

4月29日は、『昭和の日』という祝日です。

ゴールデンウイークの中の一日です。

学校はその日が一日休みになるだけなので、

ゴールデンウイークの一日とは思えないですが。


いきなり余談ですが、

何年か前に「ゴールデンウイーク中は塾はお休みです」とお知らせしたにもかかわらず、

学校が休みでないので、来た生徒が数人いました。

私たちは出かけていたので、車で下ろされて困ってしまい、

迎えを頼むのにお隣さんに電話を借りたそうです。

あとで、「知らせ方が悪い」と叱られましたが、

ウイークなのですから、その週はお休みということは分かるだろうと思っていました。

いや、分かんない人(子ども)がいるのだと、反省?したことがあります。


『昭和の日』は、以前は『みどりの日』でした。

その前は『天皇誕生日』でした。

一定の年齢以上の人にとっては、『天皇誕生日』の印象が強いでしょう。



1889年1月7日に昭和天皇が崩御(亡くなること)なさいました。

それで、天皇誕生日のままにしておくわけにいかず、

『昭和記念日』にしては?という案が出たそうですが、

廃案になって、『みどりの日』になりました。

その後、何度も案が提出されては廃案になり、

ようやく、2007年から『昭和の日』になりました。

『みどりの日』は5月4日に移行しました。


祝日の意味は、

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、

国の将来に思いをいたす
 ことだそうです。



大手メディア(新聞記事やテレビのニュース)では、

あまり大きく取り上げられませんが、

今現在、戦争を放棄するという憲法第9条の改正をしないまま、

自衛隊を戦地に送り出すことができるような法案が次々と提出されています。

このままいくと、日本は戦争をする国になってしまいます。

そのうち、徴兵制がしかれるかもしれません。


「そんなことあるわけ無い」という声が聞こえてきそうです。

でも、いろいろな本や情報から分かることを考えると、

私にはそんな楽観的な気持ちは持てません。


戦争で悲しい思いをした人々のことに思いをはせ、

将来も平和な日本であることを願う日


にしたいと思います。










posted by ポピンズ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。