2015年04月23日

ネット・ゲーム依存(1)

先週の中日新聞サンデー版に、

ネット・ゲームで変わる 子どもの生活
という特集がありました。

読まれた人もいるかと思います。

ここ数年、ネットやゲームにはまり、生活リズムが大きく乱れてしまう子どもが増えています。

大人の想像を超えるスピードで激変しているゲーム

ということが書いてあります。


我が家の子どものことをからませて、書いてみます。


当初はテレビを使ってプレーする家庭用ゲーム機が主流でした。

家族の目の届くところでやるので、管理もしやすかったと思います。

我が家でも、ファミコンを1台買いました。

でも、ゲームソフトは父親向けの「釣り何とか」というものしか買わなかったので、

子どもはあまりやりませんでした。

いとこたちが次々にソフトを買い持ってくるので、

たまに「マリオ」や「ぷよぷよ」をやって楽しんでいました。

ちなみに、私はマリオを初めてやって、あまりに下手くそだったのですぐに諦めました。

また、マリオカートをやった時は、車酔いしてしまいました。


その後、ポータブルゲーム機が登場し、持ち運びできるようになりました。

ゲームボーイがその筆頭でしょう。

友だちも持ち始め、息子もほしがりましたが、ガマンさせました。

3年か4年の時に、やっと誕生日に買い与えました。

「一日30分ね」と約束したものの、

あっという間に約束は反故にされ、隠れてやるようになりました。

そして、数ヶ月で、視力が落ちました。

眼科で、「ゲームとかやってませんか。それが原因ですね~」と言われ、

眼鏡をかけることになりました。

眼鏡がかなりイヤだったらしく、

息子はいともあっさりとゲームボーイからは卒業しました。


塾に来ている男子生徒が、

テストで300点以上を取ったら、DSを買ってもらえるといって頑張りました。

私は買ってもらわない方が良いよと言っていましたが、

見事に!?300点以上を取り、DSを買ってもらいました。

予想通り、勉強しなくなりました。

「トイレに入って2時間やっていた」

「布団の中に持ち込んでやった」と自慢げに話していました。

成績は、だ~~~っと下がりました。

親とケンカが絶えなくなりました。

「勉強もするって約束したのに・・・」とお母さんは怒っていましたが、

買い与えた親が甘かったと思います。

       続く







posted by ポピンズ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。