2015年02月27日

頑張りを認めてあげること

先日、メールにてこのブログをご案内しましたところ、
この数日のアクセス数が大変増えました。
ご訪問、ありがとうございます。

先日、面談をしたお母さんの話が印象に残りました。

男の子のお母さんです。

何か一つだけで良いから、がんばれるものがあればいいと思っています。
それが、今までは、部活でした。
勉強は苦手であまりやらないけど、部活だけは頑張っているので、
それで良いかと思っていました。
ところが、最近数学が好きになって、頑張っています。
点数が上がってきたら嬉しくて、さらに勉強するようになりました。
頑張れることが二つになったのです。


親はつい、あれもこれも頑張ってほしい、
出来るようになってほしいと思ってしまいます。
それは、親だからこその当然の願いでもありますが、
欲張りすぎではないかな?と思うことがあります。
まずは、何か一つ、頑張れることがあったり、得意なものがあれば良い。
それは、勉強でなくても良いと思います。

結果ではなくて、その頑張りを認めてあげることで、
子どもは違うことも頑張ってみようと思えるのではないかな。

他のお母さんからのメールです。

苦手なことを頑張るのも大切だけど、得意科目を作ると良いよと言ってみました。
この期末では社会を頑張っていて、娘なりにある程度結果が出ていました。


ステキなアドバイスですね。
そして、「娘なりに」というところが良いのです。
人と比べてではなく!

連日、懇談会や個人面談をしていますが、良いお話をいくつも聞くことができて、
あ~、やっぱり懇談は必要だな~と思っています。
(この忙しい時によくやるねと言われたりしますが)




posted by ポピンズ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。