2015年02月14日

日本はなぜ流れていかないの?

今週から来週は、
期末テスト対策の「AMK講座」というのをやっています。

テスト範囲は、それまでにほぼ指導してしまいましたので、
あとは、繰り返しやって覚えたり演習をやってもらうのです。

この繰り返しがなかなか出来ないのですが・・・。
それはさておき、
そんなAMK講座中のことです。

社会のワークをやっていて、いくつか質問が出ました。
私の分かる範囲で、説明をしていたのですが、
ある女の子が、なんだかボソボソと口ごもっています。

「どうしたの?何か質問あったら言ってね」

「え~っと。なんで、日本は流れていかないのですか?」

???
最初、質問の意味がよく分からなかったのですが、
「日本は島なのに、海の中でなんで流れないのかな~って」

なるほど。なるほど。
海に浮かぶ浮き輪だったり、ボートだったら、
プカプカ浮かんで、波に流されてしまう。
日本は小さな島。
だったら、流されてもおかしくないのに・・・?
というわけですね。

隣りに座っている友だちは、
え~?そんなの当然じゃんとでも言いたげな表情ですが、
だからといって、ちゃんと説明できるわけではなさそうです。

さて、どんなふうに話したら、分かるかな?

日本は島だけど、地球にくっついているのよ。
海に浮かんでいるわけじゃないのよ。

そういうことなのですが、
この言葉だけで、その子は納得できるのか?
多分出来ないのじゃないかな?

そこで、下のような絵を描いて説明しました。

2015-02-14 11.09.46.jpg

隣りに座っていた2人の友だちも納得した様子。

私も長年塾をやっていますが、こんな質問は初めてです。
というか、こんな発想をすることって、ほとんど無いのじゃ?

「ずうっと、不思議に思っていたんだね」
「分かって良かったね」

その子は、1年間の反省で塾に通ってきて良かったこととして、
「先生の雑談が一番面白かった」と書いていました。
他の場では聞けないような話が聞けたことが嬉しかったのだそうです。

学校でも家でも「分からない」と気楽に言えない子もいます。
そんな子でも、質問が気楽にできる雰囲気を作っていくことが
大事だなあと思っています。





posted by ポピンズ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。