2015年01月13日

祝日の意味(正月・成人の日)

1年に祝日が何回あるか知っていますか?

答えは15回です。

何月何日が何の祝日か、全部言えますか?

「学校や仕事が休みになる日」
としか思っていない人もいるようですが、
祝日にはちゃんと意味があるのです!

現在はもともとの日にちと変わってしまい、
意味が薄れてしまっている祝日もありますが、
日本人として、ある程度は知っていることが大事ではないかと思います。

そこで、今年は祝日の意味などを記事にしていきたいと思っています。


まずは、1月1日。『正月』

これについては、特に説明は必要ないですね。
(この前、「NHKのタイムスクーパー」という番組で
旧暦から新暦に変わった時代の正月を描いていました。
このことについては、また別に書きたいと思っています。)

調べていて、え~?と思ったことがあります。

「元旦」という意味です。
これは、「元日1月1日の朝」という意味だと
いつの頃か覚えていませんが聞いて、そうなのか~!と驚いた覚えがあります。
それ以来、元旦は元日の朝を指す言葉だと思っていました。
(元旦の朝というと、馬から落馬するというように重複してしまう)

ところが!
元旦は1年の始まりの日という意味だから、
元旦も元日も同じ意味なのだということで、
間違って世の中に広まっているようです。


さて、昨日1月12日は「成人の日でした。

「成人の日」は、国民の祝日に関する法律によれば、
「おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」

ことを趣旨(ねらい)にした祝日です。
この日には、各市町村で新成人を招いて成人式が行われます。
地方は、前日の日曜日にやるところが多いようですし、
市町村によっては、正月やお盆にやるところもあります。

もともとは、1月15日が「成人の日」でした。
これは、15日が小正月であり、昔は元服の儀が
小正月に行われていたことによると言われています。

しかし、2000年に、ハッピーマンデー制度が導入されて、
1月の第2月曜日に変更になりました。
15日だったころは、遠くに出ていて故郷の成人式に
出席することができない人も多かったそうですが、
第2月曜日になってからは、成人式に出席できる人も増えたそうです。

ハッピーマンデーに対して、あまりよく思っていなかったのですが、
成人の日に関しては、良い影響があるので良かったかなと思います。


余談ですが・・・私の成人式の頃は、
簡素化と言って、着物を着ることは控えるようにと言われてました。
それで、成人式にはほとんどの女子が着物でなく、
ワンピースとかスーツを着ました。
他地区の人が、振り袖を作ってもらったという話を聞いて、
うらやましく思った記憶もあります。
(我が家ではたとえ着られても作ってもらえたか分かりませんが)
振り袖は、友だちの結婚式の時にレンタルで着ましたので、
娘にも友だちから借りたもので済ませました。

ついでの余談で、
私が小学生低学年の頃は、
元旦に学校へ行ってお祝いをしたような記憶があります。
この前「にこにこ」でお正月の話をしていたら、
高齢者の皆さん、
「お正月には学校へ行って、
紅白まんじゅうをもらうのが嬉しかった」と話されました。
そんな時代もあったということです。






posted by ポピンズ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会に目を向けよう! | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。