2015年01月19日

大学入試改革

昨日今日は、大学のセンター入試でした。
今年は56万人が受験したそうです。

このセンター入試、1990年に始まったので、
25年の歴史があります。
その前はおよそ11年、共通一次試験というものがありました。
(私は共通一次試験も無い時代。国公立大学は、
 前期後期制で2回受験チャンスがありました)
共通一次試験が、私立大学も含めてセンター試験に移行したのです。

大学入試試験に関しては、知識偏重だとの批判があります。
また、全体的に学生の学力が低下しているとも指摘されています。
そこで、「中央教育審議会」が大学入試改革の答申案をまとめました。

一言で言うと、
思考力や判断力を多面的に評価する「知識活用型」にするということ。

ポイントは次の3つです。
(1)センター試験を廃止して、知識の活用力を問う
「大学入試希望者学力評価テスト」を、年に複数回実施する。
(2)高校在学中に、学習の到達度をはかるために
「基礎学力テスト」というテストを年に2回程度実施し、
進学や就職時の証明書として使えるようにする。
(3)大学は、個別試験では筆記だけでなく、小論文や面接など、
様々な方法・物差しで学生を丁寧に多面的に評価する。

これにより、学力の底上げをし、学習意欲も高めるというねらいも
達成されると考えられていますが、
問題も多くあり、実現可能なのかが不安視されています。

一つは、高校生の負担が増えるのではないか?というもの。
中間・期末テストに加えて、
「基礎学力テスト」なるものを、年に2回ほど受けなければなりません。
就職にも活用するとなると、職業高校でも全員受験が必要になります。
そのために勉強量が増え、学力もアップするかもしれませんが、
年中、テストに追われてしまうことで、
部活動や友だちとの交流など、勉強以外の高校生活が充実できるのか?
高校が予備校化してしまうような不安もあります。

もう一つは、受験をさせる大学側の問題と、テストの中身です。
小論文や面接を、すべての受験生に課すとすると、
受験者が多い私立大学の負担は膨大になります。
また、知識活用型とはどんなテストにすれば良いのか?
具体的な案は示されていませんので、
果たして実現可能なのか?はっきりわかりません。

今のところ、現在小学校6年生が大学入学の時から
変更になるようです。
気になりますよね。

今のセンター試験には、確かに問題もありますので、
改革は必要だと思います。
でも、ゆとり教育も法科大学院制度も、失敗に終わっています。
教育制度が変わるたびに、影響を受けるのは子どもたちです。
少しでも悪い影響が出ないような、
失敗にならないような改革をしてほしいものだと思います。












posted by ポピンズ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

祝日の意味(正月・成人の日)

1年に祝日が何回あるか知っていますか?

答えは15回です。

何月何日が何の祝日か、全部言えますか?

「学校や仕事が休みになる日」
としか思っていない人もいるようですが、
祝日にはちゃんと意味があるのです!

現在はもともとの日にちと変わってしまい、
意味が薄れてしまっている祝日もありますが、
日本人として、ある程度は知っていることが大事ではないかと思います。

そこで、今年は祝日の意味などを記事にしていきたいと思っています。


まずは、1月1日。『正月』

これについては、特に説明は必要ないですね。
(この前、「NHKのタイムスクーパー」という番組で
旧暦から新暦に変わった時代の正月を描いていました。
このことについては、また別に書きたいと思っています。)

調べていて、え~?と思ったことがあります。

「元旦」という意味です。
これは、「元日1月1日の朝」という意味だと
いつの頃か覚えていませんが聞いて、そうなのか~!と驚いた覚えがあります。
それ以来、元旦は元日の朝を指す言葉だと思っていました。
(元旦の朝というと、馬から落馬するというように重複してしまう)

ところが!
元旦は1年の始まりの日という意味だから、
元旦も元日も同じ意味なのだということで、
間違って世の中に広まっているようです。


さて、昨日1月12日は「成人の日でした。

「成人の日」は、国民の祝日に関する法律によれば、
「おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」

ことを趣旨(ねらい)にした祝日です。
この日には、各市町村で新成人を招いて成人式が行われます。
地方は、前日の日曜日にやるところが多いようですし、
市町村によっては、正月やお盆にやるところもあります。

もともとは、1月15日が「成人の日」でした。
これは、15日が小正月であり、昔は元服の儀が
小正月に行われていたことによると言われています。

しかし、2000年に、ハッピーマンデー制度が導入されて、
1月の第2月曜日に変更になりました。
15日だったころは、遠くに出ていて故郷の成人式に
出席することができない人も多かったそうですが、
第2月曜日になってからは、成人式に出席できる人も増えたそうです。

ハッピーマンデーに対して、あまりよく思っていなかったのですが、
成人の日に関しては、良い影響があるので良かったかなと思います。


余談ですが・・・私の成人式の頃は、
簡素化と言って、着物を着ることは控えるようにと言われてました。
それで、成人式にはほとんどの女子が着物でなく、
ワンピースとかスーツを着ました。
他地区の人が、振り袖を作ってもらったという話を聞いて、
うらやましく思った記憶もあります。
(我が家ではたとえ着られても作ってもらえたか分かりませんが)
振り袖は、友だちの結婚式の時にレンタルで着ましたので、
娘にも友だちから借りたもので済ませました。

ついでの余談で、
私が小学生低学年の頃は、
元旦に学校へ行ってお祝いをしたような記憶があります。
この前「にこにこ」でお正月の話をしていたら、
高齢者の皆さん、
「お正月には学校へ行って、
紅白まんじゅうをもらうのが嬉しかった」と話されました。
そんな時代もあったということです。




posted by ポピンズ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会に目を向けよう! | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

イタリアの年末年始の過ごし方

12月30日~1月9日、イタリアへ行ってきました。

夫(イタリア・トリエステ出身)の実家へ初の里帰り。
イタリア式正月(カポダンノ)を体験してきました。

キリスト教徒が大多数のイタリアでは、
クリスマスは家族そろって祝い、厳粛な雰囲気になります。
一方、新年の迎え方は、友達と集まってにぎやかにパーティ!
クリスマスはパーティ、お正月は家族で祝う日本とは正反対ですね。


夫の実家でも、31日夕方から親戚が集まって食事パーティが始まりました。
特にカポダンノ特有のものは、ザンポーネとレンズ豆。
レンズ豆は、形が平べたくお金に似ているので、金運アップだそう。
a016.jpg

ザンポーネは豚の足に詰め物をして煮た、ソーセージのようなもの。
プルプルしていて、爪までついたリアルな見かけは、ちょっと気持ちが悪い。
でも、味はグッド。
a014.jpg

豚は、健康や繁栄などの意味があるそうで、豚の形のお菓子も食べます。
(手作りの干し柿も持って行って、いっしょに食べました。)
a020.jpg




ゆっくり食事をしているうちに、もうすぐ12時。
野外コンサートが開かれている街の広場に繰り出す予定でしたが、
あまりにも寒かったため、おうちでカウントダウンをしました。

「3、2、1…Buon Anno!(ボナノ!・イタリア語のHappy New Year)」

年越しの瞬間に合わせて、シャンパンをポンっと開け、みんなで乾杯。
お互いにハグとほっぺにお祝いのキスをして祝いました。

その後、窓の外から爆音が…!?
見ると、町中で花火が上がったり、爆竹がなったりしていました。
隣の庭から打ち上げ花火が上がっていて、きれいだけど間近すぎて怖い!
南部の都市ナポリでは、毎年負傷者が何人も出るそうな…

日本の鐘の音を聞きながら迎える厳かな新年と違い、
かなりにぎやかなイタリアの正月でした。

ちなみに、1月1日はイタリアも祝日ですが、特に決まってすることはありません。
基本はみんな年越しパーティで疲れて、昼過ぎまで寝ているそうです。
2日からは仕事もあり、平日扱いだそう。

いつもの日本式のお正月はできなかったので、
新年になったと思えない、何かけじめのないような気分です。
日本人にとっては、お正月って特別なんだと改めて実感しました。


その後行ったローマ編も近いうちにアップします。
posted by ポピンズ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。