2015年01月25日

脳の強化書(3)

昨年、「脳の強化書」という本を読み、
内容について、何回かに分けて紹介します・・・なんて書いたのに、
2回で止まってしまっていました。

改めて、少しですが、書きたいと思います。

脳を刺激する時に、3つのポイントがあります。

ポイント(1)日常の習慣を見直す

いつも同じような生活をしていると、
同じ部分の脳しか使われなくなってしまいます。
偏った脳の使い方をしてしまっているので、
生活習慣を少しでも変えて、新しい経験を創り出すことで
眠っていた脳が刺激を受けたり、
無関係だった脳番地同士がつながったりします。


(2)自分の脳のくせを知る

「無くて七くせ」などという言葉がありますが、
人は様々なくせを持っています。
同じように人間の脳にもくせがあります。

一つは万人に共通するくせ(と言うより、性質ですね)。
  
  ほめられると喜ぶ
  数字でくくると認識しやすい
  期限を設けるとオン・オフがはっきりする
  睡眠により活動が高まる

もう一つが、人に固有のくせ。
これは、その人がとりやすい「思考のパターン」です。
「本を読むのが苦手」という人は、
活字から場面を想像するという思考回路が未発達だと言えます。
放っておくと、そうした思考回路は発達しません。

自分の脳のくせを知ることで、
どんな部分を強化すると良いかが分かります。

ここで大事なことは、(1)にも書きましたが、
人間の脳は死ぬまで成長し続けるのですから、
もう年だから・・・とか言って諦めないことです。


ポイント(3)「したい思考」で発想する

言われてやる、いやいややるという
受動的な「させられ思考」では、脳はうまく働きません。
能動的な「したい思考」で発想し、行動すると
脳はより活発に働き、強化することができます。

でも、どうしたら、
「させられ思考」から「したい思考」に変化させられるの?

大人ももちろん、子どもたちも、
何でも自分から「~したい」と積極的にやる子もいますが、
勉強はもちろんのこと、他のことでもあまりやる気にならず、
言われてしぶしぶやるというタイプの子もいます。

「脳の強化書」には、
脳のトレーニングをすることで、
「したい思考」に転換し、何事にも前向きで積極的な自分を
誕生させることが出来ると書いてあります。




posted by ポピンズ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

節分に食べるものは?

節分が近づくと、テレビのCMでも、
スーパーマーケットでも、コンビニでも、
恵方巻きの宣伝をしますね。
恵方巻を予約しましょう!という言葉を、
あっちでもこっちでも見ます。

最近は、恵方巻を食べることが、
節分の一番大事なことであるかのごとく、思ってしまいます。

子どもたちは、物心ついた時はすでに、
恵方巻が当たり前になっていたかもしれませんが、
30代以上の人には、疑問に思う人がいるのではないでしょうか?
(と言うか、疑問に思ってほしい)

恵方巻きを食べるのは、関西の風習です。
それを企業が、商機とばかりに、
世の中に広めて行ったのです。
今では、全国的に広まっているようですね。

我が家は、昔ながらの節分をしています。

鰯を焼いて、味ご飯を炊きます。
節分の神様は、貧乏な神様だそうです。
だから、ご馳走を食べないと子どもの頃に聞きました。
(味ご飯はご馳走とも言えますが)

鰯の頭は串に刺して、
鬼の絵と13本線を描いた短冊と一緒に、
家の入り口に取り付けておきます。

鬼が、線の数を数えているうちに、
夜が明けるので?
家には入って来られないのだと、聞いています。

「鬼は外、福は内」と豆まきをし、
年の数だけ、豆をつかんで食べます。
いっぺんで、年の数だけつかめたら良いことがあると言います。
年を取ると、いっぺんにつかむのは、とても難しいですが。

何だか、最近の節分は、豆まきよりも、
恵方巻をその年の方角を向いて、一気に食べる
ということに重きが置かれ、
その土地土地に昔から伝わる風習などが軽んじられてしまうようで、
寂しい思いがします。

商業主義が蔓延し、
日本が全国一律になってしまってます。
それで、良いこともありますが、
その土地の良さまでも無くなってしまうのは、
残念だと思います。

この数年、節分が来る度に、そんなことを思っています。

我が家は、決して、恵方巻を買わないぞ!!

でも、今年は、味ご飯だけでなく、
巻き寿司も作ろうと思ってます。

今年の抱負で、お料理をちょっと頑張ろうと思っているからです(笑)













posted by ポピンズ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事から考えよう! | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

点数なんて忘れた・・・?

毎回、期末テストや実力テストが終わると、
点数を記入してもらっています。
今回も冬休み明けのテストの結果を聞きました。

何人もの子が「忘れた」と言って、書くことができませんでした。

毎回ちゃんと点数を覚えていて、記入する子もいますが、
毎回ほとんど覚えていないと書かない子もいます。
点数の良いとき(教科)だけ覚えている子もいます。

一昨日と昨日、こんな話をしました。

点数を忘れるってことは、多分悪いときだよね。
良いときは、自分からテストを持って見せてくれる子もいるけど、
悪いからって、本当にすっかり忘れちゃったんだろうか?
思い出したくないから、忘れちゃった振りをしているのかもしれない。
(人間の脳はイヤなことは忘れるようになってるそうだし)
でも、点数が悪いことを忘れてしまうってことは、
全然反省もしていないし、
よし!これから心を入れ替えて勉強するぞ!ってことにはならないよね。
出来なかったことを、ちゃんと出来るようにしよう!と思えば、
点数を忘れるなんてことはないと思う。
今まで、どんな点数でもテストを持ってきて見せるようになると、
少しずつでも上がっていく子が多い。
もちろん、勉強しなければ上がりませんが。


さあ、期末テストまで一ヶ月になりました。
二週間前になってから始めるなんて、遅いんです。
今から、早速勉強を始めましょう!



posted by ポピンズ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。