2014年12月20日

脳の強化書(1)

「脳の強化書」という本を読みました。

仕事柄と高齢者の脳トレに関わっているせいで
『脳』という言葉に反応してしまいます。

 
2014-12-20 00.20.30.jpg


脳は一般的には、子どもの時が一番発達すると考えられています。
それは、身体の衰えは20歳前後をピークに老化に向かっていくから、
脳も同じように、20歳以降は衰えていくと思われるからです。

しかし、なんと!

脳は死ぬまで成長し続けるのだそうです。

そして、脳が一番発達をするのは、20代から40代にかけての時期!

これは、筆者が1万人以上の人々の脳の画像を見て、
各世代の脳を比べた結果分かったそうです。


なぜ、20代から40代なのかというと、
学校生活では、脳の基本的な部分が集中的に使われているだけなのに対して、
社会に出ると、学校生活では使われなかった脳を働かせる機会が増え、
本格的に刺激を受けて、いろいろな分野で成長を始めるからです。


ですから、20代~40代に正しく鍛えれば
脳はどんどん強くしなやかになっていくと書いてあります。
そして、その鍛え方がいろいろ書いてあるわけです。


これから何回かに分けて、
本に書いてある脳の鍛え方を紹介したいと思います。


**注意**
脳は20歳から発達させればいいなら、
勉強は意味がない?なんて思わないでくださいね。笑

学校で勉強することは、脳の基本的な部分を鍛えることになります。
また、知識をたくさん持っていることは、絶対役に立ちますから。








posted by ポピンズ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。