2014年12月17日

猛吹雪

北海道では、数年に1度の猛吹雪になっているそうです。

この辺りでも、夕べから風が強くて、
秋の台風よりもビュービュー吹いていました。
今日も、朝から吹雪?と思うほど横なぐりの雪が降ったりやんだり。

2014-12-17 14.26.16.jpg

12月とは思えないほどの寒さで、
ヒーターを付けていても、なかなか室温が上がりませんでした。

なぜこんな猛吹雪になるのでしょうか?

急激に発達した低気圧が・・・とニュースで言っていました。
なぜ、低気圧が急激に発達するの?と疑問に思う人がいますよね。

日本の上空には常時偏西風(西から東へ吹く風)という風が吹いています。
この偏西風が南へ大きく蛇行したために、
急激に低気圧が発達したのです。

なぜ、南へ蛇行したかというと、
エルニーニョ現象(太平洋赤道域の日付変更線付近から
南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に
比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象)のせいです。

エルニーニョ現象が起きると世界各地で異常気象になると言われています。

今回の低気圧は948hpa(ヘクトパスカル空気の圧力)だそうです。
普通、気圧は1000~1030hpaなので、
948hpaというのは、すごく低いわけです。
空気も高いところから低い方へ落ちるので、
高低差が大きいほど、速く落ち、これが風の強さになるのです。

今年秋に来た台風19号は、中心気圧が900hpaほどで、
スーパー台風だと言われていました。

今回の低気圧はそこまでは低くないですが、
最大瞬間風速が50メートルにも達するというニュースもありました。

下野はそれほど積もりませんでしたが、
付知は積雪が20㎝以上になったようです。

でも、今もまだ吹雪いています。
外は5、6㎝積もっています。

2014-12-17 21.53.21.jpg

明日の朝は、道路状況が最悪になりそうですね。
事故などに遭われませんように!



posted by ポピンズ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。