2014年12月20日

脳の強化書(1)

「脳の強化書」という本を読みました。

仕事柄と高齢者の脳トレに関わっているせいで
『脳』という言葉に反応してしまいます。

 
2014-12-20 00.20.30.jpg


脳は一般的には、子どもの時が一番発達すると考えられています。
それは、身体の衰えは20歳前後をピークに老化に向かっていくから、
脳も同じように、20歳以降は衰えていくと思われるからです。

しかし、なんと!

脳は死ぬまで成長し続けるのだそうです。

そして、脳が一番発達をするのは、20代から40代にかけての時期!

これは、筆者が1万人以上の人々の脳の画像を見て、
各世代の脳を比べた結果分かったそうです。


なぜ、20代から40代なのかというと、
学校生活では、脳の基本的な部分が集中的に使われているだけなのに対して、
社会に出ると、学校生活では使われなかった脳を働かせる機会が増え、
本格的に刺激を受けて、いろいろな分野で成長を始めるからです。


ですから、20代~40代に正しく鍛えれば
脳はどんどん強くしなやかになっていくと書いてあります。
そして、その鍛え方がいろいろ書いてあるわけです。


これから何回かに分けて、
本に書いてある脳の鍛え方を紹介したいと思います。


**注意**
脳は20歳から発達させればいいなら、
勉強は意味がない?なんて思わないでくださいね。笑

学校で勉強することは、脳の基本的な部分を鍛えることになります。
また、知識をたくさん持っていることは、絶対役に立ちますから。








posted by ポピンズ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

猛吹雪

北海道では、数年に1度の猛吹雪になっているそうです。

この辺りでも、夕べから風が強くて、
秋の台風よりもビュービュー吹いていました。
今日も、朝から吹雪?と思うほど横なぐりの雪が降ったりやんだり。

2014-12-17 14.26.16.jpg

12月とは思えないほどの寒さで、
ヒーターを付けていても、なかなか室温が上がりませんでした。

なぜこんな猛吹雪になるのでしょうか?

急激に発達した低気圧が・・・とニュースで言っていました。
なぜ、低気圧が急激に発達するの?と疑問に思う人がいますよね。

日本の上空には常時偏西風(西から東へ吹く風)という風が吹いています。
この偏西風が南へ大きく蛇行したために、
急激に低気圧が発達したのです。

なぜ、南へ蛇行したかというと、
エルニーニョ現象(太平洋赤道域の日付変更線付近から
南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に
比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象)のせいです。

エルニーニョ現象が起きると世界各地で異常気象になると言われています。

今回の低気圧は948hpa(ヘクトパスカル空気の圧力)だそうです。
普通、気圧は1000~1030hpaなので、
948hpaというのは、すごく低いわけです。
空気も高いところから低い方へ落ちるので、
高低差が大きいほど、速く落ち、これが風の強さになるのです。

今年秋に来た台風19号は、中心気圧が900hpaほどで、
スーパー台風だと言われていました。

今回の低気圧はそこまでは低くないですが、
最大瞬間風速が50メートルにも達するというニュースもありました。

下野はそれほど積もりませんでしたが、
付知は積雪が20㎝以上になったようです。

でも、今もまだ吹雪いています。
外は5、6㎝積もっています。

2014-12-17 21.53.21.jpg

明日の朝は、道路状況が最悪になりそうですね。
事故などに遭われませんように!

posted by ポピンズ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

負の連鎖

今回の衆議院選挙。
投票率の低さと、予想されたとはいえ、自民党の圧勝に、
何とも言えない無力感と憤りを覚えています。

安倍首相は、早速、
原発を動かしていく! 
憲法改正に向かって動いていく!などを表明しています。

集団的自衛権についても、有権者から委任された(認められた)と言っています。

自民党に入れた人の中にも、
それらのことには反対だとの声が多数あるにもかかわらずです。

投票する人を年代別で見ると、
20歳代が一番低く、年代が上がるにつれて投票率も高くなります。

政治家は選挙で勝ちたいので、投票をしてくれる高齢者の喜ぶことを公約で言います。
若者は、選挙に関係しない(投票をしない)ので、若者向けの公約は後回しになります。

自分たちに有利なことをしてもらえない=自分たちには関係ないと
若者たちは、ますます選挙にかかわらなくなります。

そして、若者向けの政策は、予算が削られたり後回しになったりします。

まさしく『負の連鎖』になってしまっています。

これからどんな日本になっていくのか?
とても不安な気持ちになります。

私が関わっている子どもたちには、
大人になったときに、
大事な選挙権を自分から手放すような人にはなってほしくないなと思います。

日本を作っていくのは、他の誰でもない、国民1人1人なのだから。

国のために国民が在るのでなく、
国民のために国が在るのです。
posted by ポピンズ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会に目を向けよう! | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。