2014年12月22日

今年の冬至は特別!

冬至って知っていますよね?!

「カボチャを食べる日」
「昼間が一番短い日」

私の知識もそれくらいでしたが、
ネットで調べたら、もう少し詳しく分かりました。

二十四節気(一年を太陽の動きに合わせて24の気に分けた昔の分類)の一つ。
春分,夏至,秋分とともに四季の中央におかれた中気。
冬至は、本来は、
太陽の黄経が270°に達した日(太陽暦の12月21日か22日)に始り,
小寒(1月5日か6日)の前日までの約15日間であるが,
現代ではこの期間の第1日目をさす。 (広辞苑より)


フェイスブックを見ていたら、
知り合いの理科の先生が以下のようなことを書いていましたので、シェアします。

本日は,19年に1度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」で,
新月と冬至が重なる日です。
月の復活と太陽の復活が重なるり,めでたいとされている日です。
月の復活とは,新月から満ちていくこと。
太陽の復活とは,日が長くなり太陽の力を高まるという意味です。
宮中では,19年に1度の朔担冬至には祝宴がも催されていたそうです。

月は29.53日で新月になり,冬至は365.25636日に一度です。
月は年間12回新月になり,354.36日なので,差が10.89636日になります。
この差を19年(19回)集めると,新月と冬至が一致します。

 そして,本日は大安吉日です

というわけで、今日は特別な冬至でした。


我が家は、今夜はだんなさんが忘年会でお泊まり。
夕飯はうどんですませましたので、カボチャは食べませんでした。

どうして冬至にカボチャを食べるのか?

緑黄色野菜の少ない冬に
カロチンやビタミンの多く含まれるかぼちゃを食べ、
風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵だとのことです。

柚子湯に入ると良いとも言われます。
これも風邪予防の意味があるようです。

早速、私は柚茶を飲むことにします(笑)。

調べていたら、「ん」がつくものを食べるのも良いそうです。
特に、うどんは良いらしいです。
うどんは、運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので出世するそうです!

冬至にうどん! 

来年からはカボチャでなくうどんにするかな?



posted by ポピンズ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉から世界を広げよう! | 更新情報をチェックする

付知教室

今日はまた雨模様から雪に変わって、寒い日になりました。

付知教室は、水曜日に、
NPO法人にこにこの「にこにこカフェ」を開催するので、
クリスマスバージョンに飾り付けされています。

にこにこサポーターが、手作りのツリーを飾りました。

2014-12-22 11.22.36.jpg

小さなプレゼントがつるしてあります。
中身はアメだそうですが、
たった1つのアメでも、
こんなふうに飾ってあるのをもらうと嬉しいですね。

この付知教室は、元は郵便局だったそうです。

2014-12-22 11.43.02.jpg

一昨年、付知教室になる空き家を探していて、この家のことを知りました。
でも、あまりに立派だから、きっと貸してはもらえないだろうなと思っていました。

管理をしている写真屋さんから、家主さんに連絡をしてもらい、
その家の中で会うことになりました。
中津川の某有名会社の社長の奥様です。
緊張してお話をしました。

「私の両親は、学問が大好きでした。
 自分たちが亡くなったら、
 ここをサロンにしたらいいと言っていたので、
 塾や脳トレ教室に使ってもらえるなら、願ってもありません」
ということで、すんなりと貸していただけることになりました。

外見も立派ですが、内も上品で高貴な雰囲気が漂っています。
勉強するにはピッタリの空間です。
本当に嬉しいことでした。

廊下からは東屋もあるステキな日本庭園があります。

2014-12-22 11.23.26.jpg

私たちだけでは、ここの管理は大変ですが、
ソロバンのアシスタントもしてくれているサポーターが、
こまめに行っては管理をしてくれ、ありがたいことです。

来年は、もっともっと活用していきたいな~と思っています。



posted by ポピンズ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

脳の強化書(2)

今日はお日様も出てあまり寒くなかったので、
午前中にガラス拭きをしました。

ガラス拭きをすると、決まって子どもの頃やったことを思い出します。
昔は、ガラス拭き用の洗剤なんてありません。
今でも新聞紙で拭くと言う人もいますが、
私は今は洗剤派。

でも昔はぞうきんを固く絞って拭いた後、
古タオルでごしごしと磨きました。
きれいになってまるでガラスなんて無いというくらいになるまで、
弟や妹と競って拭いたことを思い出すのです。


それは、さておき、
脳の強化書の第2弾です。

脳には1000億個の神経細胞が存在しています。
このうち、同じような働きをする細胞同士が集まり、脳細胞集団を構成しています。
この細胞集団は、それぞれの働きによって脳の中に「基地」を作っています。
この「基地」を筆者は「脳番地」と名付けて、
全部で120の脳番地に分け、
さらに、機能別に8つの系統に分けました。

この脳番地は、別の脳番地とつながろうとする傾向があります。
脳は、様々な経験により情報を得て成長していきます。
そして、別の脳番地と連携することで、さらに働きを強化します。

2014-12-21 23.17.32.jpg

赤ちゃんの脳はほとんど白いところです。
これは、まだ働いていない脳番地。
成長するにつれて、黒いところが増えていきますが、
まだ白い部分が残っています。
これは「休眠中」の脳番地。
ここを鍛えることで、脳を成長させることができるのです。

休眠中の脳を成長させるために、一番重要なことは、
「脳のコンプレックス」を解くことです。
コンプレックスとは、いわゆる、苦手意識のこと。

多くの人が抱えているコンプレックスに、
「自分は頭が悪い」というものがあります。
これは、学校教育の中で
「学校の成績が悪い=頭が悪い」と思いこまされているからです。
そして、何事にも消極的になってしまったり、
やる前から諦めてしまったりしている人が多くいますが、
脳には、「伸びたくない」などと思っている場所は一つもありません。
脳には、伸びる可能性が秘められているのです。


この本は、大人向けに書かれているものですが、

子どもたちにも言えることではないかと思います。

小学校4年生くらいになると、勉強面で差が出てきます。

点数が取れない子どもは、

「頭が悪い」と(親などから)言われたり、

自分でもそう思いこんだりしてしまいがちです。

でも、脳を鍛えてないだけ・・・ということが言えます。

まず大事なことは、

「脳のコンプレックス」を開放すること。

脳の可能性を信じて、脳を強化していきましょう。






posted by ポピンズ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。