2014年12月31日

今年もあと1日

ブログを始めておよそ半年。
たくさんの方に訪問いただきまして、ありがとうございました。

子どもたちに伝えたい雑学を!と書き始めましたが、
子どもより親さん向けの記事が多かったように思います。

教室生が思ったほど読んでない?! 
だったら親さんが読んでる?
全然教室生でない子どもさんや大人が読んでる?
不思議にも思いましたが、
とにかくどなたでも、読んでくださり、
少しでも心に残るものがあったとしたら、とても嬉しいことです。

今年最後の締めくくりに、お節料理について書きます。

みなさんの家では、お節料理を食べますか。
お節料理は、昔、宮中で節句(1月1日3月3日などの節)に食べられていたものが、
庶民の間に広がり、お正月に食べるものになったそうです。
うんちくはネットでいろいろ書いてありますので、調べてみてください。

作り置きしておいて、
正月くらい女性を炊事から解放するという意味もあると聞いています。


料理や材料の一つ一つに意味があります。
エビは、長寿や出世(脱皮するので)を願ってとか、
ぶり(出世魚)昆布巻き(よろこぶ)なども使われます。


この辺りでは、元旦に
「まめでくりくり、かきたつように」と言って、
豆(健康)、栗(良く動く・勝ち栗)、柿(掻き込む)、田作りを食べる風習があります。
皆さんの家でも食べますか。


最近は、何万円もする高級お節が売れるそうですし、
通販でも生協でも、もちろんスーパーでも
お節料理オンパレードですね。
手作りする家庭は、少なくなってしまったのでしょう。


結婚以来、
私が母から受け継いだお節のレシピと、
だんなさんの実家で作るお節を混ぜ合わせて、
我が家流のお節料理を、出来る範囲で作ってきました。

しかし、数年前に2万円くらいのお節料理を注文したことがありました。
とても美味しかったのですが、
少しずつしか入ってないので、
31日のお年取りに、あっという間に食べてしまい、
1日には、手作りしたなますときんぴらくらいしか残っていませんでした。

それ以来、やはり手抜きをせず、娘にも伝えていきたいと思って、
お節料理を作るようにしています。
(と言っても、昆布巻きなどは買ってしまいますが)


今年は、だんなさんの実家へ行ってお年取りをすることになっています。
おばあちゃんもきんぴらや煮豆を作ってくれていますが、
初めて、我が家流のお節を持って行きます。

2014-12-30 23.05.23.jpg

大根と人参の柚風味なますです。
これは私のオリジナル?(そんなすごいものじゃないですが)

秋に大量の栗があったので、冷凍しておきました。
それを使って初めて栗きんとん(お節の)を作りました。

2014-12-30 23.06.58.jpg

栗がたくさんあるので、サツマイモでなく栗オンリーのきんとんです。

また、郷土食の「こくしょ」は外せませんね。

2014-12-30 23.06.21.jpg


おばあちゃんは喜んでくれるでしょうか?


では、皆様、よいお年をお迎えください。














posted by ポピンズ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

通知表は・・・

今年も残すところ1日になりました。
二学期の成果はどうだったでしょうか?

最後の教室で、通知表の話題がたくさん出ました。

「ぼくは○○より早く提出をしたのに、通知表は2やった。
 ○○は3やった。おかしい」
「私は90点を取ったのに3やった」
「私は○○ちゃんと同じ点数だったのに、通知表は低かった」
などなど不満の声が多かったのですが、
中には「3だと思っていたら4やった」
と喜ぶ人もいました。

そんな声に対して、私が話すことは、次のことです。

*そもそも通知表というのは、
その生徒の10%~20%くらいの面しか評価していないと思うように。
通知表がすべてだなんて思わないようにね!!!

*人間が人間を評価するのだから、主観が入って当たり前。
先生との相性もあるし、最初に受けた印象が強くて、
それが評価に影響されることもあるから。

*テストの点数だけではないからね。
授業態度、提出物、関心意欲などを総合して評価するのよ。
自分では真面目にやっているつもりでも、
先生からはそう思ってもらえないこともある。
(ここで主観が入るのですよ)

反抗期まっただ中にいる中学生。
いつも真面目に前向きに勉強したり生活したりするなんて難しいことです。

でも、いつも真面目に前向きに勉強し、
点数も高く取れる子どもだけが高い評価を受ける。
こつこつ努力していても、点数に反映されなければ、4や5はもらえない。

子どもたちの声を聞くたびに、
そんな理不尽さを(特に受験前になると)感じます。

だから、塾をやっているけれど、
「人間、勉強だけじゃないからね!」と励ますことになります。
「あなたは、こんな良いところがあるじゃない」と。

学校の先生が、こんなふうに生徒に声をかけてくれたら、
気持ちが楽になる子どももいるんじゃないかな?と思います。

少なくとも、頑張っている子に対しては、
親は点数で判断せず、子どもの頑張りを認めてあげてほしいです。











posted by ポピンズ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強について | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

クリスマスに

今日はクリスマス。


2014-12-15 14.32.17.jpg

皆さんの家では、多分、昨日の夜に
クリスマスのイベントをやったと思います。
日本では、クリスマス当日よりも、
イブの方が、有名というか大事というか?

でも、本当は、クリスマス当日なんですよね。
大事にしなければならないのは。
日本では、大半の人にとって、
クリスマスに宗教的な意味はなく、
完全にイベント化してますので、イブでも良いのですが。

でも、クリスマスがどんな日なのかくらいは
知っていてほしいなと思います。

何年か前に、こんなことがありました。


クリスマスビンゴをしたときです。
クリスマスにちなんだ言葉をビンゴのマスに書いてもらい、
言われた言葉と同じのを書いていたら、チェックしていくというビンゴです。

「イエスキリスト」と言ったら、
「え~! なんで?」と言う人がいたのです。
「クリスマスって、キリストの誕生日だから」と答えると、
「知らなかった~」と。
「じゃあ、何だと思っていたの?」
「ケーキを食べてプレゼントをもらう日」

小学生の話ではありません。中学生です。
こっちがびっくりでした!!!

大人になるにつれて、どこかで知っていくのかもしれませんが、
これくらいは知っていてほしいな~と思います。

さて、2年前に私はクリスマスをイタリアで過ごしました。

イタリアでは、
イブの日は、お肉を食べないでお魚料理を食べるのだそうです。
そして、25日に家族揃って七面鳥料理を食べ、
みんなでプレゼント交換をします。

キリストの誕生日なので、
その風景を模した飾りを、ツリーと一緒に飾るそうです。
あちこちの教会では、大きな飾りが飾ってありました。

もちろん一番大事なことは、
教会へ行きミサ(お祈り)をすることです。

イタリアでのクリスマス。
機会があったら写真でご紹介したいと思います。
(写真がこのパソコンには保存されていないので)














posted by ポピンズ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。