2014年11月21日

今回の選挙の意味?

子どもたちと政治の問題、経済のことなど話をすることが時々あります。
特に3年になると、公民を学ぶので関心も高まります。

言葉としては覚えても、何のことかよく分かっていない、
あるいは、ニュースで言っているけどよく分からないという事柄について、
具体例などを入れて詳しく説明します。

時には、私の意見を言うこともあります。

卒業していく生徒の中に、
高木教室に来て良かったこととして、
「高木先生の雑談」を挙げる子が毎年います。
視野が広がったと言ってくれる子もいました。
そんな声に励まされて?
私自身も日々、
新聞やら本やらで知識や視野を広げるように努めています。

さて、今回の解散選挙。
選挙には700億円ものお金がかかるそうですが、
何のために解散して選挙するのか?がよく分からず、
お金の無駄遣いだ!と思えます。

日本の岐路となる3つのテーマ。
1つ目のアベノミクス。
一部の大企業は儲かってるらしいが、
地方では全然関係ありません!
物価は全般的に高くなってることは実感しますが。

2つ目は安全保障・憲法。
集団的自衛権は閣議決定されましたが、
ほとんど議論もないままに決めてしまったというところに、
危うさと恐ろしさを感じます。
日本は民主主義の国ではなかったのか?と。

このことについて、内田樹氏が
「日本は法治国家ではなく、人治国家になってしまった」
と言っていますが、なるほどと思います。

3つ目は、原発問題。
脱原発に向かうと言っていましたが、
再稼働の動きが活発になっています。

火山国、地震国の日本では、原子力発電は無理だと、
なぜ分からないのでしょう?
誰も責任が取れないようなものを進めていく(しかも海外にまで)なんて、
狂っているとしか思えません。

例え、安全であったとしても、
増え続ける核のゴミを処理できるシステムは、今の日本にはありません。
先の子孫たちが何とかしてくれると、思っているのでしょうか?

今回の選挙。
投票率が低いだろうと予測されています。
40%の投票率で、
50%の支持で選ばれたとしたら、


0.4×0.5=0.2


有権者のわずか20%しか支持してないのに、
国民の信託を得た!ということで、
勝手な政策を進めてしまいます。

このところ新聞を読むたびに、ニュース番組を見るたびに、
強い憤りを感じています。

そして、どうせ私一人が投票したって何も変わらない…と、
棄権するような話を聞くと、
本当に情けなく思ってしまいます。

子どもたちに少しでも明るい未来を残してあげるために、
まずは、今の政権にストップをかけたいと思います。


posted by ポピンズ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。